FC2ブログ
 

Club d'Ako レクチャー

今日は今日とて・・・

シャドーボックスを朝からGO!
もう少しで完成のおふたりさん。
頑張ってやります。
その間のお茶会では
京都の抹茶ロールを
ほおばります。
栗が入っていて
かなり美味しかったです。

久しぶりの会員さんは
子連れでいらしたので
なんともにぎやかでした。

シャドーボックスにご興味の有る方、
是非一緒にやりませんか?
お子さん連れでもご相談してください。
ちょっと息抜きにお茶でも。

次回は27日水曜日の午前です。
4月は中旬にテイスティングの予定。
最近ちょっと忙しくしていたので、
少しずつ講座をやっていくつもりです。
そろそろ絵も描きたいな。




PageTop

今日はオリーブオイルのテイスティング!

本日はまた久しぶりのオリーブオイル。
半年前からそろそろやりたいなと
思っていてやっと実現。

今回はフランスとチリの2種類ずつ。
また新しいものを取り揃えてやってみました。

テッレデルカステッロのノヴェッロ
ラグーソ エクストラ ヴァージン オリーブオイル
ソル デル リマリ エクストラ ヴァージン オリーブオイル
ICONO・オリーブオイルの4種類。
それぞれが特徴的で
イタリアはやはりバランスが取れていて
食材の持ち味を壊さない感じ。
チリ産はかなりスパイシーさが
全面に出ているが、
食材と合わせると甘みが引き出される
そんな面白みがありました。

おとも

お供には色々。
意外とえ?と思うものにも
合ったのには驚きです。
またお土産にはすっぽんのスープも
ありますのでそれにもちょっと垂らしてみると
おもしろいかも・・・・

しめはやはり、例のグラッパで。
なんとも満足感たっぷりの
テイスティングの会でした。
次回は今話題沸騰中の
ルビーチョコとカカオティーの
マリアージュの予定です。
ご興味のある方はどうぞ
ako@clubdkao.jpまで!


PageTop

今日も頑張りまっす!

今日は和のシャドーボックスです。
細かなパーツを
黙々と積み上げてゆきます。
お手伝いもしますよ。
自分も久しぶりにシリコン使ってみました。
そろそろまた原画を作成擦る予定です。
素材にも今回は拘ってみるつもりです。
漠然としていますが、
これからの芯となる作風になるので
初夏の頃までには目処をつけたいです。

最近超忙しいので
なんもできてまへん・・・・・
先日のエッシャーにひたすら感心している
余韻の毎日です。
視点を変えることが
今求められてることなんだと
ひしと感じました。

次回は16日にオリーブオイルのテイスティング。
17日にはシャドーボックスがあります。

洋裁、がまちゃん講座を
ご希望されている人が
いるとのことなので
新しい会員さんを迎えて
また新しく講座を開こうと思っています。
詳細はメールでお尋ねください。

PageTop

エッシャー展、是非!

エッシャー

今日はちょっと休暇をいただき、
福岡アジア美術館へ
エッシャー展を見に行きました。
彼の作品は色々なところで
目にすることがありますが、
実は恥ずかしながら、
彼が版画家とはつゆ知らず。
というか、あまり興味がなかったのですが・・・・・

いやぁ。これは相当ショックを受けました。
また展示会のレイアウトが素晴らしい。
彼の19才頃からの
版画に出会う時期の作品から
晩年の作品までが
一挙100点あまり・・・・
様々な版画の技法が盛り込まれていて
頭がくらくらします。

「自らを「芸術家」ではなく「版画家」と考えていたエッシャーは、
木版、木口木版、リトグラフ、そしてメゾティントなどさまざまな版画技法に取り組み、
それらの技法を高度に発展させ、
時に複数の技法を統合させながら、
不可思議な世界を繊細な彫りと印刷で実現し、
不可思議な版画空間を作り出しました。」

という説明がありますが、
そんなごちゃごちゃしたものを超越した
凄みのある作品を目の当たりにすると
自分の人生がいかにつまらないものかを
実感させられます。

メゾティントの作品は是非拡大鏡で
ご覧になってください。
あの緻密で繊細で人間の力量を
遥かに超えたものは多分見たことはないです。
彼は自分が「発達障害」だと受け入れていたと思います。
凡人には計り知れない
そして誰も彼に寄り添うことはできない、
そんな作品です。

よくモチーフとしての
自分を閉じ込めた球体の作品が
繰り返し姿を変えて登場します。

彼はある力で支配されている自分を
(多分それが何かを彼は晩年見つけただろうが・・)
憂い、そしていつもそこから脱出しようと
もがきながら試みているものの、
結局は縛られたままの自分を
冷静に見つめざるを得ない、
そういった無力な自分を
ありのままに凝視せざるをえなかった、

今までの自己に勇敢にも対峙した
唯一の科学者であったと思うのです。
人間はいつもなんらかの制約をうけ、
カゴの鳥になる、
かれの作品にはいつもそんな人間達が
出てきます。
それは無力で無知な人間が
何か目に見えぬ力に踊らされ、支配され
いかに無意味な人生を送っているかを
まるで傍観者のようにあざ笑っているように思えますが、
実は「循環」という彼の生涯のテーマが
暗示するように、「輪廻転生」の概念を
彼が知ってか知らずか、
結局は神(この場合は彼の信ずる森羅万象)
の畏敬の念へとつながっているのだと
自分は解釈しています。
超越した目に見えぬ「  」への憧れと畏怖。

彼は科学者以上の科学者であり、
技法に関しては超一流の芸術家であったと思います。
是非会期中にご覧になって
色々と考えていただきたい展覧会です。

キュリオス

PageTop

キュリオス!!

キュリオス

これを書いている途中に
バグかなんかで、
全部文章が消えてしまって・・・
再度書いている次第ですが・・・
感動が薄れてなにも書けんわ。(とふてくされる)

気を取り直して、

機会があって
キュリオスを観に行ってきました。
前列から2列目の
臨場感あふれる席での観覧です。
めくるめくパ^フォマンスに
1時間半(休憩30分)は
あっという間。
異次元、異空間の世界に誘われて・・・

ただし、ひとつどうしても残念な事。
それはキャストのパフォーマンスが
活かしきれていない演出だったということです。
それぞれがある意味命がけ。
もっとうまい演出方法があるんじゃないかと
素人でも思わせる部分は今後検討して
ほしいなと生意気ですが、思いました。

なにはともあれ、クララチャンは
とても健気ながらも存在感あふれる役どころ。
日本人でなければあの繊細な動きは
出来なかったろうな。
暗転部でも表情から仕草まで
気を使っていましたから・・・・

エッシャー展でお疲れの私だったので
感動という点では少し落ち着いちゃったのですが
今後また違った演出で見てみたいなと思います。

一番のお気に入りは
デンキウナギ4人娘のコントーション。
テレビ番組で報道、紹介されていたので、
衣装の詳細をオペラグラスで
じっくりとみせていただきました。
ほ〜〜〜〜素晴らしい〜〜〜〜〜。

キュリオスは31日までです。
平日はまだ空席あります。
是非ご覧になってください。
非日常を満喫できること請け合います!

PageTop

エクラットチョコレート モンディアン

ちょお

極薄のディスクタイプのチョコの中から
とろとろフィリングが出てきます。
3種のディスクは、緻密なおいしさの集大成、
キャラメル、ヘーゼルナッツ、カカオニブ、
アメリカもやるなあっていう感じです。
カカオ自体がよい品質というのは明らか。
非常に洗練された美味しさがあります。
ファブリス・ジロットも脱帽かも・・・なんて心配するくらいです。
これも今後も購入したいひと品です。

PageTop

頑張れ!!

あと一息というところですが、
まだまだ先は長そう。
しかしながらここまで
しっかりと作品を仕上げようとする
意欲には本当に頭がさがります。
この作品はとにかく大変。
それがわかっていながら
会員さんに振った私も
サド的な性格なのかも。

出来上がれば
かなりすごい作品になります。
やはり近々展示会はしないといけないなぁと
また改めて思い直しました。
仕事の忙しさや家庭の問題で
精神的に追い込まれて
脱落していく人も多い中
立派について来られる人には
やはりモチベーションをあげるためにも
展示会は必要なのかもしれないと・・・・

シャドーボックスは
純粋に楽しんでいただきたい。
作成するという経過と経緯と
それにかかわる時間を
愛せる人は本当に幸せだと思います。
自分も次の作品にとりかからなくてはなりませんが、
いかんせん他人ごとに
ここ最近精神的に大変だったので
来週から本格的に始動してみようと
思います・・・・

お茶会は先日ご紹介した
ネネットのラディジャや
イタリアのショコラパネトーネ、
サロン・デュ・ショコラで話題の
くまモンのショコラ、
加加阿365日の新発売の
お濃茶のショコラ(溢れ出てくるお濃茶に驚き)
またポロボーネのウフアラネージュ
などをダージリンのセカンドフラッシュと
ほっこりと頂きました。
やはり美味しい〜〜〜〜。
幸せな時間です。

もしご相伴預かりたい方がいらっしゃいましたら
是非メールでご参加ください。
3月2日にショコラテイスティングします!!
ネネットのラディジャを出します!!

ご連絡はako@clubdako.jp まで!






PageTop

今日はきょうとて・・・

本日は朝から少しだけ
雪がちらついていましたが、
私は歩く、歩く・・・

祇園まで・・・
加加阿365に行ってきました。
舞妓ちゃんのエクレアを購入。
姿形、見目麗しく、
また小ぶりなサイズで
おちょぼ口にぴったり。
このお店限定や新発売のものも購入。
ボンボンショコラと一緒に
会員さんにもお披露目します。

それから四条へ。
タカシマヤでもどこでも
今はバレンタインデーのチョコレート商戦。
ぶらりと見てみましたが、
例年通りであまり変わったものは
なかったです。
それよりも四条での界隈の
小さな通りの小さなカフェや
お菓子屋さんで
これまた色々と仕入れてきました。
特に今回カカオにちなんで
丹波焼のカカオ豆を彷彿とさせる
ラグビー型のお皿を購入。
ネネットのショコラとすごく合いそう。
後日公開します。
また偶然に猿年にちなんで
自作したシャドーボックスの
鳥獣戯画の宝物を捧げる猿が
描かれている高台寺のお皿を発見。
これも即買。
この部分の絵はあまり使われていないので
自分の皿のようで嬉しさ倍増。

そんなこんなでふらふらしながら
色々と楽しみながら
2時頃には伊勢丹へ。
サロン・デュ・ショコラを
覗いて来ました。
ここも例年通りのレイアウト。
今回はル ショコラ ドゥ アッシュの
面白いものを見つけてきました。
あまり宣伝もされていなかったので
知らない人も多いかも。
またそこのソフトクリームも
いただきました!
その場所は大混雑のエスコフィエ小山の
おかげで人がおらず、
すぐに購入できて時間短縮です。
美味しさはもちろんですが、
なんとも上品はチョコクリームでした。

京都2日めもあっという間に終わりました。
まだまだまだまだ知らないお店がいっぱい。
とんでもなく楽しい町です。

PageTop

京都で散策・・・・

ウイーン
本日は京都。
あまり関心がなかったものの、
2015年から収蔵した世紀末ウィーンのグラフィック作品の
コレクション展を見てみました。
1897年の分離派結成から1
914年の第一次世界大戦勃発までのウィーンで
グスタフ・クリムトやヨーゼフ・ホフマンらを中心に、
新しいデザインや芸術の探究からうまれた
300件にのぼる膨大なコレクション。
世紀末ウィーンの息吹と魅力が感じられます。

この週末はどこも寒気団の影響で
寒いということでしたが、
思ったほど寒くなく、
御池通から丸太通り、
烏丸から神宮通まで
てくてく歩きました。
日曜日は休みのところも多いので、
今日は村上開新堂に寄ります。
喫茶を満喫している余裕はないので、
そこでの名物のロシアンケーキを
購入、そそくさと後にします。
いわゆる明治大正ロマンを
感じさせる店舗の中。
一度行って見る価値はあるかも。
その寺町通を北上して
一保堂に。
ここでは喫茶にすぐ入れたので
一番高いお濃茶を注文。
お茶を点てるすぐそばを
陣取って、研究。
なーるほど。やはり茶こしは必要だ。
お濃茶はゆっくりと混ぜる感じで
練るという言葉がぴったり。
まったりとしていながらも
すっきりとしてなかなか美味。
その器の残り茶に湯を足し、
今度はお薄に。
こきみよいしゃかしゃかという
音色にゆるりとした時間の経過を
感じながらいただきます。
梅の和菓子も上品ですが、
たいして目新しいものではなかったです。
しかし実際に点てる姿を見れたのは
なかなか勉強になりました。

さて、10分足らずで喫茶を出ると
向かい側の筆屋で
鶏の尾の部分から作った筆に
いたく心を奪われて買っていまいました。
面白い筆は想像力をたくましくしれます。
なにか近いうちに創作してみたいです。

また並びには色々なお菓子屋さんもあります。
もう少し北上して左に曲がったところに
先日のアサンブラージュカキモトがあります。
今日もすでに5時近くだったので
諦めましたが、フランスの伝統菓子を
購入してきました。
ここのお菓子の美味しさは
粉と砂糖。
使われているものの素性が
実に美しいという印象を受けるのです。
今度時間があったら、
是非喫茶に顔を出してみたいです。

丸太町通を鴨川を越え、
平安神宮を抜けて
京都近代美術館へ。
それで冒頭の文章に続きます。
あまり感銘は受けませんでしたが、
いくつか面白いデザインがあり
その点では少し勉強になりました。
シャドーボックスにも活かせそう。

明日は四条から祇園を
うろつきます。
京都は歩いていると
全然寒くはなかったです。

PageTop

ネネットのラディジャ!

本日到着したほっかほかの
チョコレートひとつ試食してみました。
昨年テレビで紹介されて
即完売で購入できなかった
ネネットのラディジャ。
nenet.png

見たこともない不安定な三角錐の形状。
薄く繊細なダークチョコレートのカップの中に
ジャンドゥーヤタイプの
これまた滑らかで繊細過ぎる
チョコクリーム。
キャラメライズされたアーモンドが
ちょこんとのっかっていて・・・・
そのハーモニーは
相当レベルが高いです。
さすが、洗練された母娘の合作!!
男の人には思いつかないセンスのかたまりです。
チョコレートの素の美味しさから
手を加える、技術の賜物が
いかに素晴らしいかを
教えてくれる逸品です。
はぁ〜〜〜〜、よかったわ、
これ注文しておいて。
あるネットショップでしか購入できない、
他のショップでは絶対に手に入らないので
これを楽しめるのは極わずかの人だけ。
ふふふふ〜〜〜〜〜。
会員さん楽しみにしておいてね。
ゆったりとしっとりと
時間を楽しんで欲しいわ〜〜。
ではまた次回をお楽しみに。


PageTop